ソファーの重要性を考える

日本人の生活もすっかりと洋風に馴染んでしまいました。その一番と思われるのが、リビングルームと呼ばれる部屋、そこに畳の姿は見当たること、ほとんどないと言って良いのでしょう。フロアに敷かれる絨毯の上に、ソファーが置かれていると言うのが、標準的な家庭の姿にも見えて来るのです。そんなことからソファーは、リンビングにおいてもっとも重要な要素を占める家具になっているのでしょう。家族が座るもの、家族が寛ぐ場所であると共に、お客様も座ることになるソファーです。常に綺麗にしておくとと共に、長い時間座っていても疲れないものを用意することが大切になって来るのではないでしょうか。なんでも良いと言って、汚れや傷みをカバーなどで隠してがいけないと思うのです。安価なの、高価なもの問わずに、綺麗で座りやすいものを常に用意しておきたいものではないでしょうか。

ソファーにすわるとき

ソファーにすわるとき、それはくつろいでいるとき、すなわち、心を許しているという証明に他ならないわけです。私たちは、あらゆるものに自らの命すらも簡単に預けてしまいます。それはすなわち、そのものを知らず知らずの内に信頼しているということです。コメディ映画のようにすわれば壊れる椅子なんてものはない、そう思い込んでいるわけです。それは長年そうやって作られていたからです。そしてそうやって積み上げてきた信頼が、いますわっているソファーにもあるわけです。こうやって身を預けて考えてみれば、私は職人たちの信頼の歴史の上に座って、こうしてくつろいでいるんだなと感じるのです。信頼は、長年の小さな積み重ねと、そういった小さな刷り込みによって、私たちに小さな安心をくれるような、そういういい仕事をするからこその職人なんだなと思います。

ソファーにすわって考える

私はソファーにすわって考え事をすることが多いのです。そうして考えることはあまりすばらしいものであるだとかではないのですが、とてもつまらないようなことなのですが、考えた後で「まあいいか」となってしまうようなことですが、そんなことを取り留めなく考えてしまっているわけです。ソファーにすわると安心できる、そこに座ると暖かいものに包まれたかのようなきがしてくる、そうして深い思考の中に入っていって、気がつけば眠ってしまっている、これにはそんな魔力のようなモノがあると思うのです。ただの安心感ではなく、そうですね、不安もすべて包み込むような、やさしさ、何かの中に入って眠るような、親の運転する車の後ろで眠る子供のような安心感を感じます。すべてソファーが守ってくれているから私は安心して違うことを、くだらないことを考えてられるのです。

No comments.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*