印鑑の移り変わりについて

何十年か前迄の昔は、印鑑と言えば印章の専門店へ行って購入するか、材質から選び、技術者に彫ってもらうと言う感じでしたが、昨今は、よっぽどの珍名さんで無い限りは、百円ショップでもほとんどの名字は揃い販売してあります。又、通販でも気軽に購入する事が出来、高校、大学卒業、成人の御祝い等に認め印、銀行印、実印と三本セットでケースに入って販売されています。親や祖父母から贈られる事が多いようです。それらを贈る時に、親達は、印鑑がいかに重要で、特に実印は紛失しないようにと簡単に他人に頼まれても捺印しないようにと言い聞かせます。その為、実印はきちんと管理、保管しておいて、認印は安くて人工素材のカラフルなピンクや緑、青、紫、黄色や花柄等の印鑑が出ているので気分により楽しむ感覚で、購入するのも良いかもしれないです。

印鑑を作るということ

最近の印鑑はオシャレなものが増加をしています。印鑑そのもののデザインを変えることができ、またそれが公式なものとして使うことが出来るのでオリジナリティーを出すことが出来ます。猫や車などを苗字に入れることが出来るので自分らしさを演出することも出来ます。また結婚を機械にして、実印を作る人もいます。苗字ではなく名前で作る人も多くなっており、一生使うことが出来るものとしてお祝いの品物にする人もいます。どこで作ったらいいのか分からないということもありますが、今は通販でも作ることが出来るので、完成までの時間も短縮することが可能です。通販の場合には理想的なものとなっているのか不安だと思っている人もいますが、メールなどで何度もやり取りを行い、希望通りのものになっているのか確認をすることが出来るので、便利になっています。

印鑑を作るときは姓名判断を

印鑑には素材や色以外にも気にするべきところがあります。それは、画数です。文字の一部分を枠につけることにより、その字の画数を1画増やすことが出来ます。画数は自身の運気を決める大切なものでもある為、気にかけておきたい部分です。例えば名前が画数から見てあまりよくなかった場合、印鑑を作るときに画数を増やすことによって、これからの運気を変えることが出来ると言われています。仕事運や健康運、家庭運等作用する場所は様々です。素材や色合いが大切だということは知っている方が多いですが、画数を意図的に増やして運気を変えることが可能であるということはあまり知られていないようです。女性の場合は苗字でなく、名前で作成すれば生涯使うことが出来ます。なので、印鑑を作るときには一生ものだと考え、姓名判断をしていただいてから作成をしましょう。

商いの街、大阪で四半世紀。信頼と実績のはんこ工場から"ほんまもん"の印鑑をお届けします。 当店は、全国各地のお客様にご満足いただける高級手彫り仕上げ印鑑をお届け致しますので、個人用法人用を問わずお問い合わせ下さい。 最高級の印鑑を市価の半値以下とする事により、お客様にご満足頂ける、印鑑を提供出来る事が他社との違いです。

No comments.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*